品番
Q11100
名称

マミラリア 姫春星

Mammillaria humboldtii v.

寸法
w 180 × h 150 mm(鉢を含む / Include pot)
価格
- 円 + 税
 

マミラリア 姫春星(ひめはるぼし):白い卵のようなサボテン。一玉が大きくならず、次々に子株を増やし群生化していく。刺のつくりが繊細で見ていて飽きない。姫春星はじっくりと生長させれば大きな山のような見事な群生球を作り上げることができる。花もよく咲かせるので育て甲斐がある。近年のブームにより入手しづらくなったが、ようやく良い個体をゲット。

春秋 →
鉢土がしっかり乾いてから
土を湿らす程度
夏冬 →
あげない

いつも日当たりがあったほうがよい
夏場は直射を避ける

当店では一点モノを主体に植物と器を取り扱っております。
販売を終了している個体でも類似の個体をお取り寄せも可能ですので、店頭ならびにメールにてお気軽にお問い合わせください。

閉じる
DSC_1213DSC_1241DSC_1241