品番
Q0606N
名称

白宮殿綴化

Pseudoespostoa nana f. crist.

寸法
w 120 × h 150 mm
価格
12,000 円 + 税
 

白宮殿綴化(はっきゅうでんてっか):白い綿のような毛を出すサボテンの綴化種です。綴化の面白いところは生長点が帯状にあるために柱サボテンであっても横にも伸びるということです。この個体もこれから上や横や下にも伸びていきます。台木にある切り口は既にかさぶた化していますが、接ぎ降ろしをしようとして何らかの理由で辞めた痕です。

春秋 →
鉢土が乾いてから鉢底から
出るくらい
夏  →
水遣り回数を減らし夜間に
土を湿らす程度
冬  →
あげない

いつも日当たりがあったほうがよい
夏場は直射を避ける

当店では一点モノを主体に植物と器を取り扱っております。
販売を終了している個体でも類似の個体をお取り寄せも可能ですので、店頭ならびにメールにてお気軽にお問い合わせください。

閉じる
Q0606N_mainQ0606N_detailQ0606N_detail