品番
Q8809
名称

雷帝 枝接ぎ

Echinocactus horizonthalonius 'Raitei'

寸法
w160 × h 410 mm (鉢を含む / Include pot)
価格
- 円 + 税
 

雷帝 枝接ぎ(らいてい えだつぎ):鋭く長い刺を出す雷帝は、サボテン愛好家の中でも人気があり、高級な品種。生長すればするほど特徴が強まり、からだ自体もかなり大きく育つ。この個体は、農家さんが雷帝を大きくさせようと接ぎ木したが、台木の方から人間の想いに反発するかのように枝が出て、そこにマミラリア ルエティを接いだもの。このような接ぎ方は、本来の園芸的接ぎ木の感覚ではタブーだが、雷帝を大きくさせて販売させようという意図が無ければ充分に楽しい一品となる。反発する植物を、押さえ込むかのように剪定するのではなく、あえておもしろおかしく活用するという行為は、風貌の安易さとは裏腹に結構哲学的なことかも知れない。

春秋 →
鉢土が乾いてから鉢底から
出るくらい
夏  →
水遣り回数を減らし夜間に
土を湿らす程度
冬  →
あげない

いつも日当たりがあったほうがよい
夏場は直射を避ける

当店では一点モノを主体に植物と器を取り扱っております。
販売を終了している個体でも類似の個体をお取り寄せも可能ですので、店頭ならびにメールにてお気軽にお問い合わせください。

閉じる
DSC_0087DSC_0094DSC_0094