品番
Q9644
名称

アストロフィツム 神鹿殿

Astrophytum sp.

寸法
w 150 × h 270 mm(鉢を含む / Include pot)
価格
- 円 + 税
 

アストロフィツム 神鹿殿(しんろくでん):生長点を潰され強制的に子を吹かせた親木といわれるもの。農家や愛好家は貴重なものほど切断し、子株を増やしていく。なぜこの個体が切断されたかというと、般若と瑞鳳玉を掛け合わせて作られたものでなかなかの貴重品であるため。下部の傷跡や経年変化した肌と頭頂部の真っ白の子株のコントラストがよく効いている。般若の刺と瑞鳳玉の肌を合わせ持つ個体は、今後は頭頂部から子をたくさん吹き、さらに面白い造形へと変わっていく。

春秋 →
鉢土が乾いてから鉢底から
出るくらい
夏  →
水遣り回数を減らし夜間に
土を湿らす程度
冬  →
あげない

いつも日当たりがあったほうがよい
夏場は直射を避ける

当店では一点モノを主体に植物と器を取り扱っております。
販売を終了している個体でも類似の個体をお取り寄せも可能ですので、店頭ならびにメールにてお気軽にお問い合わせください。

閉じる
DSC_0817DSC_0897DSC_0897-2