品番
Q10165
名称

ステノセレウス 朝霧閣綴化

Stenocereus pruinosus f. crist.

寸法
w 130 × h 270 mm(鉢を含む / Include pot)
価格
- 円 + 税
 

ステノセレウス  朝霧閣綴化(あさぎりかくてっか):柱サボテンの突然変異種。生長点が線へと変わり、帯状に生長をし続ける。綴化種は、先祖返りをしたり、更に綴化が激しくなったりと不安定な性質を持ち、生長に目が離せない。朝霧閣の淡い彩りも美しい。

春秋 →
鉢土が乾いてから鉢底から
出るくらい
夏  →
水遣り回数を減らし夜間に
土を湿らす程度
冬  →
あげない

いつも日当たりがあったほうがよい
夏場は直射を避ける

当店では一点モノを主体に植物と器を取り扱っております。
販売を終了している個体でも類似の個体をお取り寄せも可能ですので、店頭ならびにメールにてお気軽にお問い合わせください。

閉じる
DSC_0798DSC_0808DSC_0808