品番
Q8824
名称

ツルビニカルプス ミニマ

Turbinicarpus minima

寸法
w180 × h 220 mm (鉢を含む / Include pot)
価格
- 円 + 税
 

ツルビニカルプス ミニマ:ミニマは面白いサボテンで、元々は蕪城丸の変種。切断され、生長点を失うことで子株を吹くところは、他の植物と同じだが、出てくる子株が、とても小さく、その子株を大きくしても親と同じような太さにならない。まるで体の内部から、寄生虫でも出てきたかのような、顔の違う生き物がたくさん這い出てきたような感じ。気持ち悪さがおもしろい。この株は、一部がミニマ、他の株はまだ切られておらず、蕪城丸が残っている。

春秋 →
鉢土が乾いてから鉢底から
出るくらい
夏  →
水遣り回数を減らし夜間に
土を湿らす程度
冬  →
あげない

いつも日当たりがあったほうがよい
夏場は直射を避ける

当店では一点モノを主体に植物と器を取り扱っております。
販売を終了している個体でも類似の個体をお取り寄せも可能ですので、店頭ならびにメールにてお気軽にお問い合わせください。

閉じる
DSC_0127DSC_0145DSC_0145