品番
QT1228
名称

マルギナトセレウス 白雲閣綴化

Marginatocereus marginatus f. crist.

寸法
w 220 × h 380 mm(鉢を含む / Include pot)
価格
- 円 + 税
 

マルギナトセレウス 白雲閣綴化(はくうんかくてっか):単幹でシンプルな造形をした白雲閣綴化のイメージが強い中で、この個体は少し荒々しい印象。愛好家さんが繁殖させる為に胴切りをした事で反発するかのようにその横から新芽を吹き出した。今のままでも十分かっこいいが、この個体のポテンシャルは高いので、今後も次々と枝を出し、更に存在感が凄くなる。

春秋 →
鉢土が乾いてから鉢底から
出るくらい
夏  →
水遣り回数を減らし夜間に
土を湿らす程度
冬  →
あげない

いつも日当たりがあったほうがよい
夏場は直射を避ける

当店では一点モノを主体に植物と器を取り扱っております。
販売を終了している個体でも類似の個体をお取り寄せも可能ですので、店頭ならびにメールにてお気軽にお問い合わせください。

閉じる
DSC_0165DSC_0184DSC_0184