品番
Q8683
名称

金晃丸綴化

Eriocactus leninghausii f. crist.

寸法
w150 × h 350 mm (鉢を含む / Include pot)
価格
- 円 + 税
 

金晃丸綴化(きんこうまるてっか):この発想は無かった。見つけた時は感嘆のため息。金晃丸の綴化は、肉厚で存在感があり、見た目にも綺麗で好きなサボテンだが、接ぎ物としては、当たり前のように竜神木に接いでいた。よく考えれば、金晃丸を台木に使った方が生長しやすいし、管理しやすい。マニアックな話だが、サボテンの可能性と広がりを勝手に感じた逸品。握りこぶしを突き上げたような威勢の良さがかっこいい。

春秋 →
鉢土が乾いてから鉢底から
出るくらい
夏  →
水遣り回数を減らし夜間に
土を湿らす程度
冬  →
あげない

いつも日当たりがあったほうがよい
夏場は直射を避ける

当店では一点モノを主体に植物と器を取り扱っております。
販売を終了している個体でも類似の個体をお取り寄せも可能ですので、店頭ならびにメールにてお気軽にお問い合わせください。

閉じる
DSC_0176DSC_0187DSC_0187