ARCHIVE for  July 2013

DSC_0626
2013.07.21 | cat. 日々

土のこと

最近 土のことについてよく聞かれます

なので ここで ちょっと解説

 

叢の鉢植えには 化粧土(表面の土)として 茶色いものと白いものを使っています

でも中身は5種類をブレンドして サボテンや多肉植物の性質を考えて

ブレンドしています

 

水切れ 根腐り 害虫 栄養 のことを考え

さらには 持ち運ぶ際の重さ 根の張りやすさ 植え替えのしやすさ

さらには 鉢を汚してしまわないような工夫 まで いろいろ考えて考えた結果の配合です

叢の植物はトラブルが少ないのはこういうわけ

 

5種類の中で 特に入手しにくい土があります

それは正確には 土ではなく 石

 

これを入手しに先日石川県の山奥まで 行ってきました

約1.5トンの細粒の石を積んで 時速80kmで7時間高速道路を 走るのはきつかった!

(重量ありすぎて ブレーキ効かないし)

この石は 水はけがよく 軽くて重い最高の重量

粒もかなり精密に洗浄されていて 見た目も美しい

使い始めてからは これでなきゃだめ っていうくらい

 

叢の土には 約40%この石を採用しています

基本的に園芸用で使われることの無いこの石は 実は最高の素材なんです

 

 

名称未設定-3
2013.07.04 | cat. 日々

なんと なんと 小説化

ようやく このブログを書くことができます

叢では これまで 陶芸家の方々
写真家の方々 など アート界で活躍される様々な方々と
コラボレートしてきました

そして 今回 また新しい試み
小説家さんとの コラボレート!
映画化もされた 『人のセックスを笑うな』で有名な 山崎ナオコーラさん

叢の植物を 取り上げて小説が出来あがります

”こころみ” としましては いきなりの有名小説家さんですが
昨年からずっとずっと楽しみにしていた第一幕が始まりました

配信先は honto+ 

http://honto.jp/cp/ebook/2013/hontoplus

この中で 「ボーイミーツガールの極端なもの」というおはなしに
叢の 白雲鸞鳳玉 (はくうんらんぽうぎょく) が 登場します
というよりこのサボテンにまつわるストーリーなので
僕の気持の中では 主役級扱い ですね

これまで 植物にまつわる小説はあったと思いますが
一サボテンにクローズアップして
しかもその本物が 現にここにある という 扱われ方はおそらく初だと思います
これは芸能人 ならぬ 芸能サボテン です

とにかく続きが読みたくなるおはなしです
少し大げさに聞こえるかもしれませんが
植物がそんな風に扱ってもらえる という意味では
日本の植物業界で 画期的な 一歩かなと思っています

無料なので ぜひみなさん ご覧になってください
上記のリンク先の 「pdfで読む」 ボタンから どうぞ