DSC_0019 2
2015.07.27 | cat. 日々

先祖返りという妙

先祖返り

変異した植物が先祖の特徴を突如思い出し

からだの一部が先祖の姿になること

 

画像の個体は 

アエオニウム アルボレウムの変異種 黒法師の先祖返り

同じ株から 真っ黒な個体と緑の個体が出る

目を疑ってしまいそうな個体

植物の変化には

いつまでも飽きがこない

 

DSC_0014
2015.07.22 | cat. 日々

畑からの収穫

ほんの僅かながら 大地という土地を入手して

はや5ヶ月

地球に植えたサボテン達は

波を打つように地中に根を張り

日ごとに大きくなっていく

 

鉢植えで育てるサボテンよりも

圧倒的に太く早くたくましくなっていく

 

今日 春に畑に植えた高性の竜神木綴化の枝を落とした

 

初めて畑から得た 賜り物

発根までもうしばらくかかるが

秋には そこそこの収穫がありそうで

これまで草抜きや 植え込みを高温のハウスで汗水たらして

やってきたのが報われた気がする

しかし 農業というのは 重労働である

DSC_000111
2015.07.13 | cat. 日々

想像の外

この種のサボテンは こう切るとこう育つ

こう接ぐとこう大きくなる

 

数々のサボテンの経年変化や生長を見てきて

少しずつ植物の性質というのが見えてくる

 

しかしごく稀に その想像とは全く異なる

生長を遂げている個体に出くわすことがある

それらの多くは 愛好家さんの失敗作になってしまった

ものであることが多く

失敗作なだけにお目にかかれることは極めて数少ない

つまり失敗作はすぐ剪定されたり破棄されたりしてしまうからだ

 

多種多様な環境で育っている植物だからこそ

様々なストレスの元 その場に適したかたちに育つ

 

左のサボテンも初めて見たときは驚いた

僕の中の般若というサボテンの想像の外にいる個体だったから

 

頭をつぶされ子株が出ることは理解できるが

この個体のように角のようになるった個体を見たのは初めて

このような自分に発見を与えてくれる個体に

会えた時 また感性が豊かになった気がする

 

DSC_00021
2015.07.09 | cat. 日々

作品としての鉢植え その1

陶芸家さんのつくった鉢に

植物を合わせてみる

 

作家それぞれのこだわりが大いに入った

作品としての鉢

鉢と上物の植物が けんかすること無く

それでいてお互いを主張させる植え方は

いつもの植え方とは 目指すところがまるで違う

植物を見せるのではなく

鉢を見せるでもなく

一つの作品として 鉢と植物をリスペクトする植え方

 

今回は 陶芸家 寒川義雄 氏

まるで土器のような ぽろっと割れてしまいそうな

柔らかさを持つ あたたかみのある鉢

 

墨汁や炭の黒で出来上がった 素朴で懐かしい感じ

そこには 柔らかさと渋さを持った コピアポア 疣仙人という

サボテンを持ってきた

この個体はシルエットのかなり崩れたかなりユニークな個体

 

植え込む側としては

鉢をこしらえてもらい 最終的には植え込むものや

全体の雰囲気を全て任されるわけだから

特に気合いが入る

この緊張感も 楽しみのひとつ

IMG_0130
2015.06.16 | cat. 日々

じっくりかけて作り上げていく

先日 また新しい陶芸家の方とお話しさせて

いただく機会があった

 

広島の陶芸家 寒川義雄さん

 

とても近いところでお互い活動してるのに

お会いしたのは今回が初めて

 

アトリエにも伺わせてもらい話が弾む

 

寒川さんは素朴でなじむ器を作られる

叢としてはありそうでなかった鉢が出来そうで

今からわくわくしているところ

昨日もしっとりとしたお椀に穴を空けた作品ふたつと

うちの娘のためにダンゴムシを十数匹持ってきてくれた

とても可能性を感じる

乞うご期待

IMG_0051
2015.05.12 | cat. 日々

まだまだ

年間 100件以上農家さんや愛好家さんを周り

数えきれないほどの多肉植物を見ているが

いまだに 初めて見る種類の多肉植物は 後をたたない

 

中には 他の何とも似つかない ユニークな植物にも

出会えたりする

飽き性の自分がいつまでたっても 飽きる事の無い

植物の世界は ほんの多肉植物だけの分野でも果てしない

 

画像は セネキオ サギナータスの 特殊タイプ

球状の茎に 変な模様

葉の付き方も 花茎の伸び具合も まるで子どもの作ったおもちゃ

DSC_10591
2015.05.01 | cat. 日々

植物を切り取る

毎週何枚もHPにアップさせる為に

植物と向き合い

写真を撮る

 

鉢植えをどの角度で どの向きで

切り取る事で

その個体の美しさを伝える事が出来るか・・・

それは 結構難しい

 

昨年秋 ADAMとの展示会で仕立てた鉢植えを

カメラマンの吉田秀司さんに撮っていただいた

 

どんどん撮影される見事な切り口に

ただただ傍観していた

毎日のように植物の写真を撮ってきたからわかる

すごく美しい写真だった

 

その写真がもうすぐ 届く

すごくいい 写真集

文字はなくとも ずっと見ていられる写真集

あんな写真が 撮りたいなぁ

DSC_0753
2015.04.16 | cat. 日々

いのちの色

いよいよ 気温が高くなり

おてんと様も高くなり

植物達は 動き出す

 

葉を出し 根を出し 花が咲く

生まれたばかりのそれらは

びっくりさせられるような

色が多い

 

それは 生きている色だ

動いているという証の色

それは まぶしいほどの鮮やかなもの

この季節 特にそれらは眼に入ってくる

 

少し眼を凝らせば

どこにでもある

そんな いい季節

DSC_0656
2015.04.09 | cat. 日々

そこにある植物

車で移動をしている間

外の風景に目を向けることが多い



その先にあるのはいつも植物



街路樹であったり 草むらであったり

ごくごくありふれた植物のある風景



それらは誰もが見ている光景ではあるが

誰もが目に留めない光景



それらをちょっと切り取って

頭の中でステージにあげてみる



そうすると気にも留めなかった植物たちが

どれほどかっこいいものであるかが見えてくる



そしてその植物たちが奇跡的にそこに存在しているかがわかってくる





鉢植えや植栽を生業としている自分にとって巣立っていく植物たちが元気よく

あり続けることをいつも願っている



しかしいつもそれらが元気よく育っていくわけではなく

環境が良くなく あるいは管理不足で

残念ながら枯れてしまうものもある



人が大切に育てようと思っていても

枯れてしまう時は枯れてしまう



それほど植物というのは環境に依存する か弱いものだ

しかし植物が環境とピタリと合った時

植物は爆発的なエネルギーを放つ



剪定されても剪定されても大きくなり続ける街路樹

冬に枯れ草になってもまた春には萌える雑草



そこには力があり

歴史がある



奇異なサボテンや多肉植物でなくとも

かっこいい植物はそこらじゅうにある


 

bmg_cover_obi
2015.03.28 | cat. 日々

小説とサボテン

初めてお話をいただいたのはもうかれこれ3年前くらい

小説家さんとのコラボレーションなんて

思いつきもしなかった

 

山崎ナオコーラさんという

植物に興味津々な小説家さんが

この不思議なコラボレーションを受け入れてくれた

 

俳優と同じように ある植物が固有名詞的に登場するこの物語には

びっくりするほどの様々な背景を持った人々が現れ

そしてサボテンを取り巻きながら関わっていく

 

叢をモチーフにしたお店も登場し

そのお店の店主も登場する

 

先の読めないストーリーにわくわくしながら

登場する植物にそわそわしながら

のめり込んでいってしまった

 

叢の考える様々なコラボレーションの中でも

特に風変わりな あるいは画期的なこのチャレンジは

結構大きな一歩だと思う

 

4月17日 全国の書店にて発売開始