写真 (9)
2013.04.29 | cat. 日々

母の日の植物

5月12日の母の日が近づくにつれて
ご注文頂く数が増えてきています

店頭でご注文頂くお客さまには
友人へのプレゼントや 自分用に購入される方も・・・

これらの植物が いろんなところに届いて いろんな会話が生まれることを
想像すると とてもわくわくしてきます

このままいくと ゴールデンウィークには欠品のものも
出てきそうです
気になっている方はぜひお早めにお願いします

ここのところ ハウス内はすっかり夏の陽気なので 
ご機嫌な 瑠璃兜たちは どんどん じぶんと同じくらいの
花を 打ち上げています

環境さえよければまだまだつぼみは付きますよ

DSC_0857DSC_0067DSC_0551
2013.04.22 | cat. 展覧会

BEAMS広島 展示会を終えて

会期を1週間延長し 昨日までおこなった
BEAMS広島店さん での 展示会

予想よりもかなり多くのお客さまにお越しいただきまして
無事終了することができました!

今回の展示会ではBEAMSスタッフさんのお力をまざまざと見せつけられた
展示会となりました
集客力と個々のお客様への対応は 見習うべき事ばかり

本当にありがとうございました

2月から広島での3回の展示会を終え
もしかしたら少し 広島に叢があるよ ってことを広められたかもしれません
本当にたくさんの方々に 叢の植物をご覧いただき
買っていただき 感謝です!

次は 岡山 moncifaka さん
福岡 HPデコ さんと 続いていきますー!

どうぞよろしくお願いします

DSC_0808
2013.04.19 | cat. 日々

満月の花

ここのところの陽気で サボテン達もごきげんのよう

叢の庭のいたるところにサボテンの花が咲いています
母の日ギフトの サボテン達は 花が特にきれいなものをセレクトしています
もしかしたら母の日に つぼみがあがっていたり
咲いている個体もいるかもしれませんね

そのなかでも 満月というサボテンは 花期が長いので
これから 長い間つぼみをあげ続けます
うすいピンクのお花はとても きれい

お母さんとサボテンのお花の話で 新しい会話がうまれてくるかもしれませんね!

今日もせっせと 母の日のギフトを丹念に植えこんでおります!

20130413-160219.jpg
2013.04.12 | cat. 店舗

母の日 に向けて

この度の母の日に向けて
3つの植物をご提案することになりました

コンセプトは 「はぐくむ」
日頃の感謝をこめて プレゼントをするだけでなく
生長していく植物を通し 生まれていく 会話を大切にする…
そんなギフトになるように という思いをこめてのご提案

なぜその3つの植物を選んだか
鉢にはどんな思いを込めているか
ストーリーの詰まったギフトを母の日までにご紹介していきます!

http://qusamura.com/information/

20130328-233852.jpg
2013.03.28 | cat. 日々

叢 cube hiroshima 定休日のお知らせ

叢 cube hiroshima 早いものでオープンして1ヶ月が経過しました
毎週の定休日が決まりましたので
ご報告です

4月16日 火曜日から
毎週火曜日が 店休日となります

お間違えのないよう よろしく

DSC_0351
2013.03.28 | cat. 日々

叢 cube hiroshima でのこと

ここのところ 春休みなのか 
温かくなってきて植物モードになったのか
県外からのお客様が多くいらっしゃいます

わざわざに うちに向けて何時間もかけて来られるお客様には
(近くてもなんですけど…)
本当に感謝です

そんなお客様からは 植物を見ようと思う意識の高さを感じます
質問もいっぱいしてくださって 
毎日 いっぱい答えています

昨日 お越しくださった おばあちゃん
杖をつきながら 娘さん お孫さん (多分)と一緒に
いらっしゃいました

「桜を見るよりも 叢にどうしても来てみたかった」

お店を開いて よかったなと もしかしたら これまでで一番
強く感じたかもしれません

他の用事があったからだとは思いますが
泊まり込みで 県外から2日連続でお越し下さった ご家族
小学1年生の男の子は とても興味を持ってたくさん 質問してくれました

植物園と叢を 見て ひとこと
「こっちの方が おもしろかった」

毎日 バタバタで へこたれそうになりますが
こんなひとことで 元気になれます

ありがとうございます!

毎日 思い入れのある植物が巣立っていきます
今日も二度と手に入らない植物を 包みます

20130315-225316.jpg
2013.03.15 | cat. 展覧会

広島観音manos展

個性を大事にした展示会
「ぜんぶひとつだけ」
設置が終わり いよいよ明日からスタート

一つ一つのストーリーが特に濃いものを用意してます
明日は終日 在廊してます

お待ちしてます

016
2013.03.13 | cat. 展覧会

新宿ルミネ2 FRAMeWORKさん

先週9日 新宿ルミネ2・2階のFRAMeWORKさんに植物を搬入しました
女性のお店でありながら ちょっとワイルドな ちょっといかついような
植物を混ぜて 40点くらい 並べています

もちろん販売していますので
ぜひご覧になってください
なかには なかなか見ることのできない 叢専用 特殊接ぎ木や
大型の植物も 並んでいます

4月上旬までです
どうぞよろしくお願いします

DSC_0904
2013.02.26 | cat. 日々

cube hiroshima

叢 広島店 「cube」 がもう少しで完成します。

今日も広島で活躍されるデザイナーさん 職人さんがcube をつくってくれています

 

今できることを最大限に出せるような そんな植物屋ができます

シンプルに植物の本当の美しさをご覧いただけるよう

引き算を繰り返したお店です

3/1 11:00オープンです

 

 

 

店頭には初公開の植物が わんさ!

20130222-103923.jpg
2013.02.22 | cat. 展覧会

植物と対峙する

人や動物と 面と向き合って 考える 対話する
それは日常で ありふれてはいないかもしれないけど
ままあることです

では植物とは…

僕は仕入れの時 植え替えの時 展示の時
いつも一方的ではあるかもしれないけど 植物に正面切って 見えない部分を考えます
でも多くの人は植物に対してそんなこと思いもしていないはず

じっと見たり、考えたりするためには
そのものに奥行きがないと始まらない

叢で扱う植物には それができるだけの意味や
ストーリーが詰まっています

今回の広島の展示では 奥行きのある植物と人が一対一
まさに「対峙」できるような形で
植物を見てもらおうと思い 植物を一列に並べました

じっくり向き合って対話してみてください

DSC_0703
2013.02.16 | cat. 日々

植え替え続々

温かくなると 植物も動き出す

叢の植物達も すでに春到来を感じている様子

裏庭ではオッキーが続々と植え替え中

 

叢の植物はどれもが形が違うため

植える前の一考えが 必要になる

その考えが 何十何百となってくるとかなりの 質量になる

かなり大変な作業だけど

叢にとって最も大切な作業のひとつ

鉢合わせ

 

2013.02.03 | cat. 日々

もうすぐ春

ここのところ広島はとても温暖で ハウスの中はすでに日中は35度
風も気持ち良く 植え替えや水やりが とても心地よい

毎日あれやこれや 考えて 忙しいばっかりですが
生長を開始させる植物を 見ると 
僕らは忘れかけていた四季を 取り戻し
植物とともに 元気になります

すでに バイオリズムが植物化しているのかもしれません (笑)

長い冬の曇天から ようやく 温かい日の光を受けた植物は
輝いているかのように 見えます
もうすぐ春です

20130116-113937.jpg
2013.01.16 | cat. 日々

岡山での仕入れ

今年始めての仕入れは 岡山県でした
岡山には レベルの高い愛好家さんが多く
面白いものが結構眠っています

実は現在発売中の写真集に出てくる植物の
見応えのある幾つかは岡山県入手のもの

オリジナル性の非常に高い いい顔してる植物が転がっています

今回の仕入れのものは
1月に行われているリムアート展、
ヒカリエのクラスカさん、
GALERIE VIEさん、
叢 HPなどで登場します

詳細は随時情報ページで公開していきます

画像は ユーフォルビア オンコクラタ綴化
通常の綴化よりもさらに激しい変異を起こしており
カールした風貌が魅力的

これは親木の中で 特に面白い変異を起こしている
部位をチョイスしたもの

なかなか見れないものですね

2013.01.07 | cat. 日々

写真家 石内都先生

写真家の石内都先生が 叢のサボテンの写真を撮りにきてくれました
これは すごいことです

この写真が どんなふうに撮れているのか
何を切り取られたのか
まだ わからないままですが
先生の楽しそうな 笑い声が終始聞こえてきました

実は 先生は 結構なサボテン好き
フィルムを買い足しての 大撮影!

そして この撮られた写真たちが この後
どうなるのか!?

とても楽しみな 一年のスタートになっております

2012.12.30 | cat. 日々

しめくくり

今年1月に出来た叢
慌ただしく一年を過ごしてきて 長かったのか それとも短かったのか
分からない一年となりました

1年間のいろいろなことを まるで昨日のことのように鮮明に記憶し
でも思い出すとキリがない程のたくさんの出来事があって・・・
それは遠い昔のことのようにも思えます

これまで会ったことのないくらいのたくさんの方々にお会いすることができ
たくさんの方々に助けられ ようやく年末です

来年には たくさんの新しいプロジェクトが待っており
わくわくして飛び上がりそうな気持ちと
重圧でぺしゃんこになりそうな気持ちと 入り乱れております
でも 僕の周りには いつも植物がいっぱいで
その周りには植物が大好きな方々がいっぱいで
来年も 面白いことが 出来そうです!

とにかくこれまでにない 全く違ったことを 植物を通して
ご紹介していこうと思っております
たくさんのコラボレーション
たくさんの叢オリジナル植物
たくさんの植物インスタレーション

ぜひとも 来年も叢を よろしくお願いします。

本年 1年 ありがとうございました

叢 店主
小田 康平

年末年始のお休みの おしらせ

広島本店 叢
12/31~1/3 お正月休み
1/4 9:00~

webのご注文 メールお問い合わせなども
4日からの対応になります。

現在開催中のリムアート展
12/31~1/4 お正月休み
1/5 12:00~

2012.12.28 | cat. 日々

年末にかけて

叢の瓦版 いつもご高覧いただき ありがとうございます
このたび 年末年始にかけまして 叢商品ドバッと30点一挙公開致します
公開予定日は30日の15時より随時更新予定です。
公開後 購入された商品は商品一覧から外れてしまいますので
気になる方はぜひ ご覧になってください

今回の植物は 叢のハウスの中でも特に一品物の性格が強いものを挙げております
もう僕が全国探そうが 手に入らない 涙の植物もございます
年末年始 ぜひ これらの植物を眺めてみてください

それではこうご期待!!

20121224-142011.jpg
2012.12.24 | cat. 日々

メリークリスマス!

リムアート展9日目
会期スタートから今日までお店番

たくさんの方々にお越しいただきました
展示は今年は30日まで
年始は5日からスタート (7日はお休み)
20日までです

この先も植物を随時 追加をしていく予定ですので
何度来られても新しい発見があるはずです

画像は 先日あるクリエイターさんからいただいたクッキー
ただのサボテン型のクッキーではなくて
接ぎ木を含むかなりマニアックなモデル

緋牡丹やフロスティ なんとエスポストア系まで
すでにサボテンの知識がない方には意味不明の領域!

でも僕にはちゃんとどれが何か伝わってますよ
とてもうれしいギフトでした!
ありがとうございました!!

20121223-184538.jpg
2012.12.23 | cat. 展覧会

リムアート展8日目

連休もあってか リムアート展 賑わっております
お越し下さった皆様
ありがとうございます

リムアートのスタッフさんの植物の知識の飲み込みは
すごく早く
すでに 多肉植物の知識では花屋さんのレベルは大きく超えていそうです!

本日の植物

「マジックもの」

これは以前にもどこかで書いたかもしれません。
でももう一度。

農家さんはよく接ぎ木の 台木に
油性の黒マジックで その名前を書きます

売り物なのに なんで書いてあるんですか?とよく聞かれます

実は農家さんにとって このマジックものは売り物ではないんです
接ぎ木というのは 上部の穂木を生長促進させて
植物を早く大きくさせて 子株や種を採る園芸手法のひとつ

つまり農家さんにとっては この個体を売り物にするのではなく
そこから”出てきたもの” を売り物にするんです

だから台木に落書きがあろうが
本名を書こうが どうだっていい

きっちり直接 植物に本名を書いておくと間違いなく名前を間違えないということで
よく書かれてあるんです

僕にとってこれは ちょっとした機能美のようなもの
そう受け取っています

農家さんがビジュアルを意識せず
味のある字で書かれたものが かっこいいなぁって思うんです

20121220-140946.jpg
2012.12.20 | cat. 展覧会

リムアート展5日目

5日目

落ち着いた午後
こんなのんびりとした空気の中で
ゆっくり落ち着いて 植物を眺めることができるのは
リムアートさんのいいところ

本日の植物

大鳳玉傘接ぎ

傘接ぎ とは まるで傘のように上部の穂木が大きく
下の台木とサイズを合わせずに接いだもの

接ぎ木の方法としては難しく
あまりされることはなく 珍しい

通常の接ぎ木のバランスとは 異なっていて
ただ乗っかってるだけの感じが面白いので
見かけたら 活着面を確認して
大丈夫そうならすぐ買ってしまいます
活着面が見た目に危うかったり(本当のところはしっかりついているのが条件ですが)
バランスが悪かったりするものを見て
接ぎ木というもの ひいては植物のことに 注目してもらえたらと思っています

20121219-152518.jpg
2012.12.19 | cat. 展覧会

リムアート展4日目

展示の棚も チラホラ空きが目立ってきました
まだまだ一見では気づくことができない植物たちの表情が眠っています

今日のご紹介

稜… (サボテンに縦に入る線)
ほとんどのサボテンには縦に入る山折り谷折りのような線があります
この形状は 暑い環境に耐えるために進化したもの

太陽の直射が まともに当たらないように角度を付け
なおかつその溝に風が通り 体温を下げられるよう工夫されたもの

本当によくできてる

その稜の数は 種類によって 様々で 最小3本から
多いものは数えきれないほど (100以上) の 稜を持つものもある

生涯この本数は決まって固定している訳ではなく
時々その数を増減させることがある

画像の個体は 稜を今まさに増やしたところ

きれいにきっちり稜線が揃っているのも いいけど
こうしてたまに 稜が乱れるのも 不作為的な感じですき

植物が 何を感じた時に 増え そして減るのか
興味深いところではあります